ダイエット

高齢猫のためのキャットフード

人間も年齢を重ねていくと、体のあちこちが不自由に感じられるようになります。
眠りが浅かったり、消化器官が弱くなったりと体調の変化を感じがちです。
猫も、人間と同じで高齢猫になると身体に異変を感じるようになります。
子猫には子猫のキャットフードがあるように、高齢猫には高齢猫にあった食事を用意しましょう。

そこで、注目すべきは成分です。
高齢猫はカルシウム由来の結石を持っている場合が多く、カルシウムやミネラルなどのバランスを整える必要があります。
結石に配慮せずに放置しておくと、尿路に病気を持つ可能性があります。
そこでカルシウムなどの成分をバランスよく配合した高齢猫向けフードがあるのです。

その他にも油分が苦手になっていく高齢猫のために、油分を極力カットしたものもあります。
もちろん油は減らしていますが、必要な栄養素は詰め込んでいます。
消化の負担になりやすい保存剤や着色料を使わない製品も見受けられます

このように高齢猫に配慮して加工してある製品は多数ありますので、猫の体調や年齢に合わせてキャットフードを選んでください。
しかし、すでに病気を持っている猫には病気に合わせたキャットフードが必要です。
動物病院で薦められているキャットフードがある場合はそちらを優先させましょう。