ダイエット

猫のおなかの調子に合うキャットフードさがし

猫を飼育していくと、いつも健康な状態ではないと気が付きます。
毛玉を飲みこんで吐いてしまうこともあります
また、激しい下痢で悩まされることもあります。
成猫は尿路に病気を持ちやすいので、動物病院に通院している猫も多いのです。
繊細な管理を行いながら猫の成長を見守ることが、飼い主の責務でもあります。

でもなるべくは辛い疾患を経験せず、元気に育ってほしいものです。
そこで私たち飼い主は「キャットフード」を通して猫の体調をコントロールするべきです。
キャットフードは食べるものですから、猫のおなかの調子に合わせて商品選びをすることができます。
おなかの調子に合わないものですと、下痢や便秘はもちろん嘔吐になることもあります。

特に赤ちゃんとして成長していく生後すぐから1年間の間は、消化器官が弱い状態です。
弱い状態の時に咀嚼が難しいものやあまりに油分が多いものを食べると、すぐに下痢をしてしまいます。
おなかの状態が弱い猫には、年齢に合ったキャットフードを与えてあげてください。

また、猫は7年ほどたつと高齢猫になります。
すると、おなかがゆるい猫が増えてきます。
この場合も年齢に合ったものを与えるべきですが、必要栄養素に不安がある場合はサプリメントを足してあげましょう