ダイエット

キャットフードは猫の体調管理に重要

私たち人間の場合、食事に偏りがあるとどうなるでしょうか。
脂質が多すぎる食生活ですと、すぐに肥満になります
また動脈硬化や脳卒中などの重大疾患を招く可能性も高めてしまいます。

また、不規則な食事は肌ツヤが悪くなったり体調も悪くなることがあります。
これは猫においても言えることですから、食事に偏りがないようにしなくてはなりません。
野生の猫ではなく、飼育していく以上飼い主が与える食事で健康管理が必要です。

そこで、次のようなキャットフードを生かして健康管理を行いましょう。
キャットフードにはそれぞれ体重や年齢に合わせた適切な量というものがあります
健康管理に適したキャットフードには大きく分けると、総合栄養食・一般栄養食・おやつ・目的食があります。
この他にも自分で手作りのキャットフードhttp://www.marutenten.jp/tedukuri.htmlを作ることも可能です。
総合栄養食をきちんと毎食食べている場合はおやつは不要です。

しかし妊娠中の猫の場合さらに食べようとする傾向があります。
こういう特異な事例の場合は与えてあげるとよいでしょう。
病後や去勢後は体調の変化がジェットコースターのように激しいものです。
このような時は目的食といい、病後用などのフードを与えてあげましょう。