ダイエット

キャットフードを変える時の注意点

キャットフードはずっと同じもの使い続けるわけではありません。
子猫から成猫に成長しているとき、あるいは去勢後などに体調管理のためになど、その時々に合わせて変更していきます。
でも、猫にとっては食べ慣れた食事が突然変わるのは驚きです。
場合によっては慣れない食事がストレスに感じるので、飼い主は配慮が必要です。

では、キャットフードを変更するときはどのように対処すればよいのでしょうか。
飼い主が意識すべきなのは、「新しい食事に自然に慣れさせること」です。
突然食事を変更すると驚いて食べないことがよくあります。
しかし、今まで慣れ親しんだ食事に少しずつ新しいキャットフードを混ぜていくと、自然に慣れていきます。

それでも敏感な猫は驚いてしまうことがあります。
体質によってキャットフードを受け付けないこともあります。
そんな時はどう対処すべきでしょうか。
オススメの方法は、「飼い主が猫に食べさせてあげること」です。
人の赤ちゃんもそうですが、最初食べ慣れないものは親しい人が口に運んであげることで安心して食べ進むようになります
猫も飼い主の手で、新しいフードを少し口に運んでやると食べるようになります。
但し、食べづらそうな素振りがある場合は、猫にその製品が合っていない可能性もあります。
無理に食べさせず、様子を見ながら進めてください。